浪漫革命「あんなつぁ」- 僕の好きな一曲。

ふと、Twitterで流れてきたミュージックビデオに衝撃を受けてから、浪漫革命の「あんなつぁ」を毎日欠かさず聴いています。気がついたら流してしまう。

レトロで懐かしさに満ちたメロディと「あんなつぁ」というやたら中毒性のある語感に、耳が癒され、思い出の中をふわふわと浮いているような感じがして。

すごく好きなんですよね、こういう曲。

エレキギターの鳴き声のような、哀しさが漂う響きも。多くを語りすぎない余白のある歌詞も。

こういう複雑なように見えてとてもシンプルな楽曲の作りが、聴く人を「思い出への回想」に導くのだと思います。

「思い出の片隅の真ん中にはいつも笑う君がいる」

これが楽曲のテーマらしい。

なんて素敵な表現なんだろうと、僕自身の「思い出の片隅の真ん中」にいる人に想いを寄せながら、今日もまた耳を癒してもらっています。

あの人、今も元気かなあ。なんて過去にふける時間も、忘れず大切にしていたいですね。

作詞作曲/浪漫革命

長い坂を下って
街の片隅に蝉がみんみん
暑い日差しに照らされ
目が回って見えなくなった

朝は君と
起き抜けの街眺め
大きなあくびをしている
君が笑うのです

あんなつぁ

夜は君と
寝静まる街眺め
大きなあくびをしている
君が笑うのです

あんなつぁ

長い坂を登って
街は静かに灯をともして
僕の生活は変わらず
目が回って見えなくなった

夜は君と
過ごした日々思い出し
大きなあくびをしている
君はいないのです

あんなつぁ

出典:浪漫革命『あんなつぁ』Official MV

記事の感想や要望、サイト周りの質問や相談など
Twitter(@___kurosb)で承ってます。気軽にご連絡ください

記事の感想や要望、サイト周りの質問や相談など
Twitter(@___kurosb)で承ってます。

気軽にご連絡ください